妥協した転職先は失敗する!

転職するのに絶対やってはいけないこと、それは「焦り」です。
プライベートでもそうですが、焦って何かをしてもいい結果なんて生まれる試しなんてありません。
転職に関しては、「焦り」というのがかなり重要なことになってきます。

なかなか転職先が見つからず、日に日に焦りが出てくるのは当然です。
その焦りから次に出てくるのが、「妥協」なんです。

妥協した転職先は絶対に失敗します。

まずその理由の全体を占めてるといっても過言ではないというものがあります。
それは、「焦って見つけた会社の条件が美化されてしまう」ということです。
焦りという洗脳にも近いような気もします。

この美化というのが、妥協というのにも変わってくるのです。
その妥協はいずれ不満になり、また退職をするといったことになりかねないのです。

確かに妥協点というのは必ず転職活動には出てくるものです。
その妥協点を何度も何度も考えてください。
それは本当に妥協していいとこなのか。
その妥協により、また退職することにならないのかと。

ネームバリューがいい転職先になるとは

大手企業への転職はありえない。
こんな言葉は耳にタコができるぐらい聞いていると思います。

中小企業でも、ネームバリューがいい会社に勤めたいと思ってる人も少なくはないはずです。
ただ、名前だけで会社を決めるというのはいかがなもんかと思います。

長く勤めたい会社を探すわけですから、会社のネームバリューより職種や内容の方が大事ではないのでしょうか?
確かに、誰もが知ってる会社に勤めたいというのは持って当然の考えです。
でも、そこばかりに目がいってると、仕事根本の本質が見えなくなりがちになりませんか?

ここの会社で働きたい、この職種の仕事に就きたい、ここの会社だと自分のスキルを思う存分生かせる、といった考えで見つけた会社が偶然ネームバリューのある会社だったらいいのですが。

会社の名前というのは二の次、三の次ぐらいで考えて転職を考えないと、一生の仕事がみつからなくなると思います。

四葉のクローバーを見つけるために、三つ葉のクローバーを踏みにじってませんか?
幸せというのはそうやって見つけるものではありませんよ。

ただ会社を辞めたいは失敗のもとに

会社を辞めたい理由というのは必ず誰しもあるはずです。

でも中には、ただなんとなくや、ただ辞めたいからという風に考えて辞める人もいるみたいです。
ただなんとなくや、ただ辞めたいというの理由といえば理由なのかもしれませんが、明確なのかといえばそれは違いますよね。

こんな明確な理由がない場合からの転職というのは、はっきり言って危険以外なにものでもありません。

明確な理由なんて何でもいいと思うんです。
結局不満からくるものなので、全てネガティブなことなんですから。

その理由を解消するために転職があるというのを忘れてはいけないのです。

その明確な理由がなく転職を始めたら、転職地獄からは絶対に抜け出せません。
一生、転職活動生活です。
今一度考え直してみてください。
転職したいという明確な理由があるのか。
ないのであれば、もう少し我慢して今の職場で働いてても遅くはないと思います。(収入ゼロでもいいのであれば話は別ですが)

転職の理由は恥ずかしいものではありません。
自分の一生働ける会社を見つけるための糸口なんですから。