失敗した転職はあるものと思う

転職して失敗した、なんて思うことがあるかもしれません。
転職して失敗したのは、その会社が悪いんではありません。転職したことが悪いわけでもありません。転職する前の準備の仕方が悪かったんです。

転職して入った会社が失敗ということは、結果の話なんです。
結果が悪いということは、その前の準備、努力がよくなかったという風に結びつくと思うんです。
逆のパターンも確かにあります。
準備不足、そこまで努力もできなかった、でも結果は成功だった。という風なこと。
でもこういったことは、対相手がいる時の結果だけだと思います。
転職には対相手との勝負ではありません。
対会社との、いかに共存といものにより近づけるかといことなんです。

要は仲間探しなんです。
会社もよりよい会社を作るための仲間(協力者)を探してるんです。
できるだけ嫌いな人とは付き合いたくないですよね?
転職して失敗したというのは、会社に嫌われたと思っていいんではないでしょうか。
逆に自分から嫌いになるということもありますが・・・。

会社に嫌われたということは、その会社に入る前にやっていた準備不足や努力が原因だということをわかっててほしいです。
その会社の本質を知るという情報が足らなかった、自分に求められることに努力をしようとしなかったなど、結果の前に理由があるんです。

転職前の会社を辞める原因を、まず一から見つめなおしてはどうでしょうか?
その原因を突き詰めて、改善をする、そこを考えてみてください。
きっと転職が失敗という風には、少なからず回避はできるんではないでしょうか。

まれに、自分は決して悪くない、ただ人間関係に恵まれないといったケースもあります。
確かに、これは「運が悪い」とこれだけで片付けられるように思います。
確かに「運」は人によってだいぶ左右されるものだと思いますが、その人間関係に恵まれないといったパターンで悩んでる方がいましたら、今一度本当に自分は何も悪くないのか?ということを考え直してみてください。
自分だけで考えず、これだけは周りの人にも聞いてみるべきだと思います。
それでも自分は悪くないという答えが出たのでしたら、本当に「運が悪い」ということかもしれません。
これだけはどこを探しても対処法なんてありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です