転職の理由をよく考えること

転職の理由というのは、人それぞれあると思います。
他にやりたい仕事がある、会社の将来が不安、給料の不満、残業が多い、休日が少ない、専門技術を取得したい、もっと違った経験をしてみたい、業界の不安、リストラ・・・数えあげたらきりがありません。

誰にも転職には理由があるんです。まずその理由を深く考えてみるということは絶対的に大事なことだと思います。
そこを深く考えないと、転職の成功はありえません。

転職の理由なんてのは、ネガティブ(不満)なことなんです。
でもそこはネガティブ(不満)でも全然いいんです。
そのことが転職というポジティブに変わってると思えばいいんです。

よく転職の理由を考えて、次に受ける会社でそのネガティブ(不満)の理由をそのまま面接でもぶつけていいと思うんです。
ただ、物には言い方というのがありますからそこだけは気をつけてほしいとは思います。

たとえば、給料が不満と理由であれば、面接の時に「前の会社の給料が安かったので」なんてそのままストレートに言ったら、ただの時間の無駄になりますよね?
「前の会社では勤続○○年でしたが、その自分の会社でのスキル、実力を考えて、このままの会社の将来や収入に不安を感じ、もっと自分の可能性に見合った会社へと思い、御社を選ばせて頂きました。」
という風な言い方をするだけでも、相手の受け取り方が違うと思います。
結局、ネガティブ(不満)の理由ですけど、言い方一つでポジティブに聞こえたりするもんなんです。
結局、嘘も言ってませんしね。

何度も言いますが、転職の理由なんていうのはネガティブ(不満)で当たり前なんです。
そこに、自分を疑うような卑屈なことなんてのは一切いらないのです。
転職の理由が何なのか、そこをはっきりと自分で把握しておくことが重要なんです。
その理由がはっきりわかって、いざ転職をする、これこそをポジティブな行動、言動にすればいいだけなんです。

転職のネガティブ(不満)の理由を、いかにポジティブにする、それを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です